デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
異教のiPad
届きました。

20100613a.jpg
続きを読む >>
CS5セミナー
昨日は青山のTEPIAへ、Too主催のCS5のセミナーに行ってきました。
いましたね、さっそくiPadでメモをとったりしてる人(笑)。

20100601.jpg

アドビの方が講師で、前半はCS5の機能紹介。Illustratorは劇的に変わったという感じではなく。ま、仕事の95%くらいはIllustrator使ってるわけで、あんまり極端に変わられても困るのですが。パース機能とか矢印ツールの進化とか、細かなブラッシュアップという感じです。
Photoshopの進化はえげつない。使い手側の意図で、というよりはPhotoshop側が色々考えてくれて処理する、というタイプの機能が増えていましたが、どちらかと言うと「あくなき気合いと根気と意地」での画像処理が多い僕としてはそれらに対して面白いなとは感じたものの、実際の仕事での実画像レベルで、いささかギミックと言えなくもないそれら新機能を使う機会がどれくらいあるかと考えると若干冷静な気持ちになります。ただ、ラフ用のカンプ画像作りには色々便利そうですね。例えば僕も拙ブログの「Candid photograph」の写真には生意気にも(C)マークと社名ロゴの著作表示を入れてますが、そういったものを消してしまうといった作業はかなり簡単になりそうで、と、いうことはですね(以下自粛)……。

後半は「クロスメディアに対応したコンテンツをつくるワークフロー」というタイトルの話しで、要するにスマートフォンやらiPadやらという時代でデザインの作り方はどうしましょうか、という話しで、僕はこっちが聞きたくて出掛けて行ったわけですが、なにせ講師がアドビ社の方ですから、案の定、少し歯切れが悪かったような。実際「えー、Android携帯ですとか、様々な電子デバイスが…」みたいな表現をしてて、iPhone、iPadという単語は使われなかった。iPhone、iPadのFLASH非対応というのは、きっとアドビの皆さんとしてはコーヒー吹き出しながら椅子から滑り落ちるようなニュースだったでしょうね、勝手な想像ですが。
CS5のIn Designで、かなり動的なコンテンツが作れることはわかりました(工夫次第では相当使えそうですね。僕の今のスキルで充分こなせそうですし。あれならちょっとしたWEBコンテンツやイベント会場でのプロモーションコンテンツとかに使える気がする)。が、アドビとしては結局それをswf形式に書き出すというのを基本前提としていたっぽい。ぽい、というかきっとそうだったのでしょう。それがここにきてFLASHコンテンツの、演題でもあったクロスメディア対応という根幹部分にちょっと怪しさが出てきた、というのが現状なのでしょうかね。もちろんepubとかpdfに仕立てる分には問題ないのだろうけど、それだとせっかくのIn Designの動的要素がどこまで生かせるのか? Xcode、という言葉も出てきたけど(なんだかどさくさ紛れに、と感じたのは僕だけかな?)、あくまでもデザイナーには「コード」という単語を意識させないのがアドビ製品だと(これまた勝手な想像ですが)思うわけで、最後まで話しを聞いてみて、結局、実際、いかなるワークフローがデファクトスタンダードになるのか、我々もアドビ社もそしてアップル社もまだ模索中、というのが実情なんだろうな、と勝手に想像した次第です。なんだか勝手な想像ばっかりですが。
ただなにしろ、iPadみたいなデバイス(それがもたらす世界の予想図を今の時点で明確に描くのは確かに難しいですが)は、少なくとも僕らの作る広告物の閲覧場所として一定の比率は形作るでしょうから、どんな作り方をしたら面白いのかなあと常に意識を持っておくことは必要かなと。とりあえずはやっぱり「あくなき気合いと根気と意地」だな、と、わかってんだかわかってないんだかわからない結論を胸に帰途に着くアタクシでした。
両者迷い無く。
先月ショールームにMac ProとCS4を見に行った時は、話しの成り行き次第ではその場で契約してこようとも思っていたのだけど、CSの次期バージョンリリースの情報がチラホラ出始めていた時だったので結局スパっと決断できず、という悪いクセが出てしまったわけですが、今回ばかりはそれが吉と出たか。CS5日本語版が本日発表。



イラレもフォトショも、相当パワーアップしてるみたいですね。
Mac Proも、新型がどうやら(噂レベルですが)6月下旬に出るらしいから、その時点でCS5とMac Pro、もう両者迷い無く、GO、ですね。

それにしてもこのCS5のパッケージビジュアル、かっこ良過ぎる。
御礼およびMac Proテスト


お祝いのお花、メール、このブログへの書き込み等、たくさん頂戴しました。どうもありがとうございます。
たくさんの方々の支えあってのニールマーチンデザインオフィスなんだなあと改めて思い噛み締めるアタクシでございます。
えー、お祝いの品に関しては引き続き年中無休で受け付けております。つつしみ深いことだけが取り柄の僕、それゆえに人様のご厚意を拒むことなど決してできません。ポルシェの2シーターのやつとか、エールフランス航空でゆくパリの旅7泊8日とか、新しいMac ProにCS4を添えて、とかがいいです。ロレックスなど買わないもんと殊勝なことを書きましたが、人様からいただくぶんにはきっと断れないんだろうなあ。ああ、もっと図々しい性格に生まれればよかったです。

……無数の怒声が聞こえる気がするのですがきっと幻聴でしょう。

万一どこからもMac ProとCS4が届かないという可能性に備え(たいがいにせーよこの男はほんとに…)、今日、Tooのショールームに出掛けて見てきました。CS2で作ったフォント生きのサンプルデータを持って行って字詰めにエラーが出ないか等々、色々テストさせてもらいました。ぼちぼちG5もメイン機の座から退く時期が近づいてきたみたいですね。うーん、今考えると前回の買い替え時、既にintel搭載機が出ていたのにclassic環境を保持するためにとG5の最終型を買った判断はどうだったのか? 人間、道具が替わったらそっちでどうにかするものであって、実際、classic環境なんて数えるくらいしか使ってないんですよね。やはりこのテのものは、その時点で一番新しいやつを買うに限るってことですね。
あとは今回どのタイミングで買い替えるか……。現状CS2なので、今夏にもリリースが噂されるCS5までであればアップグレードが可能ですからそこを待ってもいいだろうけど、結局、もう少ししたら新型が…というのもこれまた永遠に続く話しですしね。普段フォントが生きた状態のイラレデータでやりとりしてる印刷会社さん等との互換の確認がとれたら、踏み切ろうかな。
iPnone、新たなる人柱。


本日もスタジオ撮影に立ち会いでした。
それとは全然関係ない話題なんですが最近急に、廻りにiPhoneユーザーが増えてきました。今日もプロデュース会社のAさんが、おとついナンバーポータビリティーでdocomoから乗り換えたというiPhone持ってきました。なんとなく皆「様子見」を終えて持ち始めた、という感じなんですかね……。
毎晩眠りにつく前にはジョブズさまにお祈りを捧げ、米国アップル本社の方角に向けての日に三度の礼拝を欠かさない僕ですが(…うそですからね)、どうもiPhoneについてはいまいち乗り換える勇気が持てないでいます。
乗り換えではなく「2台持ち(docomoとiPhoneの)」にしている、という人も多いですね。
料金プランの設定次第では、そっちのほうが結局月額のトータルが安いという人もいましたけどほんまかいなという感じ。
Aさんという人柱がまた現れたので、数ヶ月したら彼に様子を聞いてみよう。ということで僕はまだiPod Touchで……。
遅ればせながら1TB
喫緊の仕事はとりあえず収まって、今日は午後からデータの整理。
外付けのHDをひとつ買いました。



左が昔から使ってるやつ。見ればわかりますね……。黄ばんだ筐体、セロテープでの補強(笑)。デザイナーのデータ保存用としてはいささか貧弱な容量。HDは消耗品だから一定期間で壊れることを前提とすべしというセオリーのある中で10年くらい働いたのではないでしょうかこのHD。そりゃ黄ばみもしますわね。真ん中のが今日届いたLogitecの1TBのやつ。つないでみましょう。



この空き容量は気持ちいいですねー。しかしなぜに新品をつないだだけの状態で70GBも消費してるんだろう? 微妙に損した気持ちになるではないですか(ってケチかい)。
古いHDから必要なやつを移し、Mac本体に溜め込んでいた納品済み案件のデータも移し、クライアント別のフォルダを設けてその中で更に年月別に整理。古HDの、もう使わなさそうだけど捨てるわけにもいかないデータはDVDに焼いて収納ケースに保管。古HDはさすがにもういつブッ壊れてもおかしくない状態(最近変な音がしだしたしね)なのでサブ機のほうにでも繋いで隠居生活させてやるつもりです。
弊社の場合結構な頻度で、「あのさ、4年前くらいに作った○○のパンフレットあるでしょ、それの○頁のデータちょっと改訂して増刷したいんだけど」的なオーダーもちょいちょいあるので、かなーり以前のデータであってもストレスフリーにアクセスできる状態は保っておかないとならんのです。までも、データ整理も仕事のうち。データがスマートに管理されてると効率も上がるってもんです。。。と言っておきながら、この新しいHDがクラッシュしたりすると僕はもう探さないでくださいとメモ残して日本海沿岸のほうとかに旅に出ることになる。やはり2重のバックアップも講じておかなくては。

僕は今回Logitecのダイレクト通販サイトでFireWire接続タイプの3.5型のアウトレット品をゲットしたのですが、同社からはより手軽でタフな2.5型ポータブルタイプHDもいくつかリリースされております。ちなみにそのブルー基調に統一されたパッケージデザインがとても素晴らしいのです。きっとさぞかし優秀なデザイナーの手による仕事に違いない・・・・・・。


・・・・・・・・・・・。


option + shift
Macのキーボードが逝ってしまいました(^_^;
「缶コーヒー倒し」をやらかしまして……。
えらいこっちゃと慌ててティッシュで拭き取り、接続しなおした当初は、少しキータッチがにちゃにちゃするからそのうちキーを全部外してしっかり拭き取らなくてはくらいに思っていたんですが、ジョージア微糖は内部回路にまでしっかり侵蝕していたようで(確かにね、ちょっとこぼしたというレベルでなくて、どぼどぼと流れ込んだ、という感じだったもので)そのうちにキーが反応しなくなりまして、で、Macのキーボードって下部構造のほうは分解できないようになってるのでいかんともし難く、仕方ないのでしばらく陽に当てて干してみたりしたのですが(布団じゃないんだから)駄目でした。



ま、アルミ筐体のG5と同じくアルミ筐体のApple Cinema HD Displayが揃った中でこの透明プラスチックタイプのキーボードはデザイン的にマッチしてないよなあと思っていたので、コーヒー漬けになったやつは薄情にも見捨て、現行のアルミボディのキーボード買ってきました。



デザインはいいしキーも打ちやすいのですが……皆さんがおっしゃってる通り、caps lockの位置が変わった、というのは想像以上にエライことですなんですねこれは。いやcaps lockの位置が変わったこと以上に、元々caps lockがあった所にoptionキーが移ったというのがエライことでした。
イラレ使ってて、なにがしかの、ひとまとまりのデザインなり文字組なりを作ったとしますね、で、元の素材は残したままでそのデザインをコピーして使う場合僕は「option + shift」で素材を移動させることが多い(みんなそうですよね?)。ほとんど無意識ですよ。かれこれ10数年使ってるソフトですからキーボードは見ないで指が勝手に「option + shift」を押さえてるのだけど、新しいやつだとその指は「command + shift」を押さえてることになる。つまりコピーしていじってたつもりが元のやつを単に移動していじってしまって元の素材残ってない、という悲しい出来事を、今日既に何度もやってしまっています。

これは「慣れ」で解決できるのだろうか……
初めて輸入車に乗った時、ウインカー出そうとしては晴天の中でワイパーが無意味に動いてたことを思い出しますね……。

長年かけて染み付いた慣れだけに、しばらくはとまどうかもです。缶コーヒー倒したりするんじゃなかったなあ(って問題点そこ?)
銀塩テイスト
9周年のお祝いってわけでもないのでしょうけど、なんだかにわかに色んな案件が動き出しています。
しかしヒザワは動じることなくフォトショップの新しいプラグインなど試してみるのでした。こうした行動は余裕とも言いますし、現実逃避、とも言います。

「50種類以上の定番銀塩フィルムの画像感を、あなたのデジタル写真でワンクリック再現」するという、DxO FilmPackなるPhotoshopのプラグインがあって、なんだかそういうのってインチキ臭いし、もとより僕は「なになに風のテイスト」みたいなのをフィルター処理でワンタッチで再現するってのは好きじゃなく(元の素材そのものをちゃんと目指すテイストで作りゃいいじゃん、というプロとしての意志、です)、DxO FilmPackの存在を知った時もスルーしてたのですが、結構写真家の方からの評判もいいみたいで、あ、そうなのだったら試してみよっかなと(おそるべし意志の軽さ!)体験版をダウンロードしてみました。

ちょっと自分の撮ったやつで試してみましょうか。



これが元画像。GX100のjpeg撮り。



「Kodak Extracolour 100」ってのにしてみました。
「非常に暖かく非常に高彩度な色調、旅行用、風景用」だそうです。
ふーむ、路面の濡れた感じの光沢感なんか良くなってますね。
次やってみましょう。



「Kodak Kodachrome 25」
「冷たい色調、風景用、70年代の色調」だそうです。確かに。
白黒でも試してみよう。



これが元画像。同じくGX100のjpeg。これに、



「Kodak TriX 400」のフィルタかけてみました。
「ハイスピードの粒状感の高いフォトジャーナリズム用」だそうです。
これは100%サイズの切り出しで見ないとわからないですね、



これが元。



これが処理後。路面のザラっとした感じを見ると変化がわかりますね。

色調やコントラストについては、意図したニュアンスを出すためには自分でトーンカーブでいじるほうが良さそうだけど、確かに粒状感などは単純なノイズ処理とはだいぶ違い、よくできてるかもしれないです。
いずれにしてもこれはKodachromeなりVelviaなりTriXなりをかつて使っていて、その独特の味わいに思い入れのある人が使って初めて効果があるものでしょうね。僕なんかが、へー面白いやとポチポチいじって遊ぶと危険な感じ。そもそもにしてGX100にだって独特の写り、ってのはちゃんとある(…と思う)のだからそれをスポイルしてしまうと元も子もなくなるし。デジカメのさらっとした上品すぎる仕上がりが物足りない時とか、プリントして楽しみたい時とかには案外面白いかも。製品版、買おうかどうしようか……体験版の期限が切れたら考えましょう。
QuickTime 7.6にご注意
今日Macを立ち上げますと、ソフトウェアアップデートが、QuickTimeを7.6に更新できますよと通知してくる。かつての、機能拡張に何か新しいものが入ったとたんにコンフリクトを起こしてMacがたそがれてしまって半べそかきながら復旧してた時代の恐怖が身に沁みてしまっている僕は、それ以降、今せっかくうまいこと動いてるなら余計な更新で波風を立てないでおこう、と思うヘタレなユーザーになってしまったんですが、OSX以降は何かインストールしたばかりにMacがワヤになってしまったといったトラブルとは無縁でしたのでシステム絡みのアップデートも深く考えずにOKしていたんです。
QuickTime 7.6のインストールが終わり再起動すると(ちなみに本体はPower Mac G5、OSX 10.4.11です)、何の作業をしていても2分くらいすると画面がFinderに切り替わる、という症状が。最初はどこかアプリケーション以外の背景画面をクリックしてしまっているのかなと思ったんですが、どうも違う。ああMacの不具合だ、と、どこか懐かしいこの感覚。って感傷に浸ってる場合でなかった。QuickTimeを7.5に戻せばいいのかなと思いあれこれ試すもうまくいかず(OSが賢くなると、こちらが入り込める余地って少なくなりますね)、Yahoo!で「QuickTime7.6 不具合 Finder」で調べると、やはりサードパーティのアプリケーションとのコンフリクトのようですね。システム環境設定から「StuffIt AVR」をOFFにしてやったら直りました。



圧縮はもっぱらzipにしてるんですが、まだ稀にsitで頂戴とかいう事があるのでStuffItも常駐させてるのです。
やれやれ事なきを得ましたが、OSX 10.4.11ユーザーはお気をつけあそばせ。Classicが必要でIntelに移行してないG5ユーザーってまだまだ多いでしょうし。

久々のMacトラブル。しかしこれでこそMacですよ。やはり「安定したMac OS」とか「強い阪神」ってのは、嬉しくともどこか違和感があります僕としては。出来の悪い子ほど可愛いという心理が日本のマッキントッシュと阪神タイガースを支えてるわけでありますからして。
内蔵HDを増設
仕事の切れ目を見てG5の内蔵HDを増設しようと前から思っていて、2週間くらい前にHDも買ってあったのだけれど、なかなかその切れ目というやつが訪れませんでして、そもそもにして仕事の効率化の為の増設なのに仕事が進行してるからそれができないという変な状態になっておりまして。ようやく先ほどやってみました(ま、本来べつに切れ目だの何だのいう話しじゃないんでしょうけど、昔からのMacユーザーにとってこういうのってホラ、何かトラブってMac本体までワヤになったりするのではなかろうかという恐怖があるんで、とりあえず今進行中の仕事くらいは納品して、データバックアップが済んでから…みたいな気持ちになるのもわかりますでしょ?)。





Macのサイドパネルを開けるのも久々。ホコリたまってるかなーとビビりながら中を覗いてみると、案外きれい。
取り付け自体は非常に簡単…なハズだったんですが、装着後再起動しても当初は認識せず。何度か試すも駄目で、また全部ケーブル類を抜いて電源外してパネル開けて調べてみると、増設HDに差し込んだSerial ATAケーブルの、HDドックの奥のMac本体側のコネクタが抜けていたようだったので、Macの隙間に手を突っ込んで手探りで差し込む。事前にネットで検索して見知らぬ方のブログその他でやり方を把握しておいたからなんとかなったけど、誰でも5分で簡単、というわけにはいかないですねこれは。Appleのサイトのサポートマニュアルもこういう部分はイマイチですしね。ま、なんとか事なきを得ました。



HD2、という芸の無い名前をつけてしまった。本体にどんどん溜まって無視できない容量になってきていたiTunesやiPhotoのデータと、その他「常駐」させとく必要のあるデザインデータ等を新設のHD2に移して、オリジナルのHDはかなりスッキリしました。いわゆるバックアップは外付けのHDに、「常駐組」は内蔵のほうに、と使い分けようと思っています。
それにしてもギガバイト単位の容量がちょっと油断するとすぐ埋まっていくってのもちょっと前までは考えられなかった話しですね。もっとも、フロッピーの時代に230MBのMOディスクを初めて見た時には、もう一生分の仕事のデータがこれ一枚で収まるんじゃなかろうかと半ば本気で思ったもんでしたけど。あの時はギガだのテラだのいう単位自体、知らなかったもんなあ。