デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Convenience store's sweets
20120107.jpg
OLYMPUS OM G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 on Panasonic DMC-GF1 2012 Tokyo

打ち合わせを一件済ませた後、プロントでコーヒーを、コンビニでパフェを買ってオフィスへ。そのくらいのプチご褒美で元気に働く奇特な体質は今年も相変わらずです。

ふと思い立って久々にOM G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4をGF1に付けて撮ってみる。
立体感のあるボケ味ではないけど、使いようによってはホンワリとした優しい描写をするレンズですねこいつは。
なのにマニュアルフォーカスのこいつを、カバンに入れて外に持ち出す機会がさっぱりない理由はわかってる。手持ちで、左手でフォーカスリングをグリグリしながら画を確認するには、脇を閉じて、肘を締めて、要するにカメラをしっかり身体に固定する必要があり、やはりそれにはファインダーを(光学でもEVFでも)覗きながら、、、というスタイルが普通であって(あるいは前にも書いたけど、チルト式の背面液晶を上に向け、カメラは胸の前で、、、というのでもある程度いけるかもですが)、GF1の普通の背面液晶を見ながらとなるとカメラをある程度顔から離すことになるので、どうしてもホールドがゆるくなり、街中ではF1.4の薄いピントを合わせるのは難しい、ということになるのです。

一昨年末にNOKTON 25mm/F0.95、昨年にはLEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4(これはAFだけど)とか、マイクロフォーサーズ規格にもそこそこ面白いレンズが出てきてるのだからぼちぼち何か新たなレンズに食指を伸ばしてもいいんじゃないのと思いつつ、LUMIX G 20mm/F1.7があまりに楽にいい画が撮れるものだからそれでいいやにしてしまっていたこの一年……。GF1用のEVFを付けるなり、バリアングル液晶のE-PL3を買うなりすれば使えるレンズの幅は広がるだろうし、あるいはいっそAPS-Cに行くなり、今年はちょっとなにか考えようと思ってます。そう、近々Fujiのミラーレスも発表になるらしいですしね。レンズの規格は何にしてくるのかな。
「セットポジション」の如く
20110917a.jpg

さしずめ、投手の「セットポジション」のような構えで…
続きを読む >>
初登板で悟る
愛車・下柳に(その呼称を定着させてどうする)荷物を満載にし、今日は製菓専門学校体験入学案内パンフに掲載するメニュー撮影の立ち会いディレクションへ。

20110202b.jpg

とか言ってはまた自分のカメラ持ち込んで遊んでるデザイナーが約1名。
続きを読む >>
CP+


パシフィコ横浜へ、今日が最終日のカメラと写真映像のイベント「CP+」を見に。
カメラメーカー各社のブースでは特定機種にフォーカスした色んなプロカメラマンのトークセミナーが聞けたりする。事前にタイムスケジュールを調べておいたので、到着後1時間半の間に30分刻みで効率的に、安達ロベルト氏(RICOH GRD)、塙真一氏(Panasonic GF1)、飯塚達央氏(RICOH GXR)の話しを聞くことができました。
GX100とGF1を持つ僕にとってはありがたい機会。安達さんは「今日は最終日だし特別に…」と、マイセッティングの数値を教えてくれる。客席に、同じセッティングにすれば安達氏と同じような写真が撮れるに違いないと慌ててその数値をメモして喜んでる単純な奴が約一名。はい、僕です。

僕的には目的を絞って出かけたのでよかったですが、イベント全体としては、主催側、出展メーカー側が、誰に何を感じ取って欲しくこれをやっているのかが伝わってこない部分もあったような。
ま、想像してた通り来場客の5割くらいは、あんたたちはなにしに来たのと突っ込みのひとつも入れたくなるほどにコンパニオンさんばっかり撮ってる奴らで(どうでもいいですが凄い機材で武装したそのテの猛者に囲まれてるコンパニオンさんを見てると「モデルになってる」というより「餌食になってる」と表現したほうがよさそうなある種オソロシイ風景ですねあれは)、でもそういう層がマーケットの一定部分を構成してるのは確かだから、それが主催側の意図を不鮮明にさせてしまっているという部分もあるのかもしれないですけどね。でも例えばマイクロフォーサーズやミラーレスの陣営だったら、新たな層、新たなスタイルを創出しようとしてるわけでしょう。事実街を歩いてると、PENやGF1を皮製のストラップで斜めがけにしたオシャレなカメラ女子をたくさん見かけるようになったけど、そういう子たちが来ても楽しめるような雰囲気づくりは少なくともなされていなかったのは、ちょっと気になるところでした(いずれにしてもメーカーから来ている社員の方々はゲストスピーカーにお任せにしてないで、もっと溌剌としてなくっちゃ)。B to Cのこうしたイベントは、確かに難しいとは思いますけどね……。
カメラ(ついでに旅)のはなし
一昨年にリコーのGX100というコンパクトデジカメを買って以来、なんだかこのブログも少し変わってきた感じです。それまではまさか自分が作品的な意味合いをも含んだキャンディッド・フォトを載せたりするなんて思ってなかったですもんねえ。

ちょっと長くなりそうなので、続きは「続きを読む」で……
続きを読む >>
ローアングルイケテナイ
 GX100というカメラを買って1年ちょい経ちましたが、色々撮ってみて、その広角ゆえなのか思いきったローアングルにしてみた時に意外と面白い絵の撮れるカメラですね。



ただですね……。ローアングルの写真そのものはイケテるんですが、「撮ってる姿」が、どうにもイケテないというのが問題。前にも書いたような気がしますが↑こういうのを撮るときは、可動式のビューファインダーを上にチルトさせ、胸の前に構えたカメラを上から覗き込みながらどんどんしゃがみ込んでいくのです。

絵に書くとこうなります。



後ろから見るとこうですね……。


最初の写真、イタリアの路地での姿を引いた絵で見ると、



たぶんこんな感じ。
どう見えますかね外人サンの目から客観的には。

1. 今朝何かとても悲しいことがあった。
2. とつぜん猛烈な便意に襲われた。

いずれにせよ謎ですわな。
後ろから覗き込んできたりしました。


サッと身をかわす。イタリア人、追従する。



そのうちに……



チューチュートレイン in Italy(またこれかい)

ということで大変かっこわるい撮影姿勢になるので、今後のためにイケテるローアングルの構え、を模索してみようかと。

例えば「ターミネーター」スタイル。



ゴルファーの「カミロ・ビジェガス」スタイル。



……どこか人気のないところで練習してみます。
徐行で過ぎ去る


昨夜、事務所前の明治通りで。どう考えても手持ちだとブレそうだったのでガードレールの支柱にGX100乗っけてファインダー覗いてたら何やら光りの点滅が接近して来てくるもんで絞りが安定しない。なんだろかいと顔を上げると赤色灯を回したパトカーが徐行で接近してました。
助手席のおまわりさんが、おたくなにしてますのん、という顔でこっちを見てる。僕が(そんな場合どうすればいいのかとっさにわからなかったので)ニッコリ会釈すると、なにしてますのんの表情のままで、そのまま徐行で過ぎ去っていきました。いったい何だったんだろう、と、僕も思ったし向こうも思っただろうな。
DW-6、装着してみる。
お昼、某百貨店にてパンフレットのオリエンがひとつ。事務所に戻って先週から取り組んでる専門学校の体験入学告知パンフレットのデザインを進めてましたら、先日「価格.com」でポチッと購入したGX100用のワイドコンバージョンレンズDW-6とアダプターが届く。

仕事ほっぽらかしてさっそく取り付けてみましょう。



カメラ本体がコンパクトなので相対的に結構存在感ありますな。意外に重みもあるし。
事務所の窓から通りを撮ってみました。まずはワイコン無しでいつもの24mmで。



同じ位置から今度はワイコン付けて。19mmになります。



数値通りの広がり方、ですね。
基本的に僕はGX100の24mmが非常にしっくりきてるのでワイコンの出番は限定的になるとは思いますが、風景とか建物とかが相手の時には威力を発揮するのかな。
なんにせよ楽しみが増えました。

……今思ったんだけど、上のモノクロ写真サンプル、どれだけワイドに撮れるかを確認しようってのに1:1の正方形モードで撮ってる僕ってば何やってんでしょう。
モノヅクリ
午前、某百貨店の広告制作室で、お正月媒体の「読み合わせ」なる確認作業を行い、事務所に戻って元データの修正を終える。まだいくつかの仕事は動いていますが、気持ち的にはだいぶ落ち着きました。ここ3週間ほどはなんだかかなり頑張って働いてたわけですが、そんな中で提出した企画やデザインは御陰さまでいいレスポンスが返ってきていて、頑張った甲斐があったなーという感じです。日曜の夕方にTVで、「エプソンスペシャル・地球の歩き方」という、カメラマンがポルトガルを旅してその色彩を撮る、みたいな内容の番組をやってて面白かったので思わず喰い付いて観てしまい、放送後に吉村サンというそのカメラマンをネットで検索してみたらブログがあり(僕と同い年の方でした)、何日分か遡って読んでたら、やっぱり毎日忙しそうに(デジタル化以降カメラマンさんは画像処理があるからみんな遅くまで働いてるんですよね)してらして、うわー大変そうと思ってたらある日の記述にこんなのがありました。

『どんなに慌ただしくても、やっぱり自分は恵まれているな、と感じるのは、常に物作りの現場にいる、ということです。だから忙しさがちっとも苦にならない。逆に楽しいです。』

エエ事おっしゃる! ……いや僕の場合、ちっとも苦にならない、と言えるようなレベルには達しちゃおりませんでブーブー言ったり夜中に満月に向かって遠吠えしたりしてますが、結局少々ヘビーな局面であってもそれをありがたく思えるのは、好きな物作りをさせてもらえてるからなんだろうなあと思います。ありがたや。
ということで、まだまだ気を抜いたらいけません、今日ももうひと頑張り。何かお夜食を、と思い、ここんとこまたコンビニのものとかで食事済ませてしまうことが多かったので、多少は気持ちにゆとりのある今日くらいは何か美味しいモン買ってこようかと、ガーデンプレイスの三越食品売場までお散歩。



恒例のバカラのイルミネーション、ビューリフォー。これを撮りたくて、コートのポケットにはGX100と、今日の読み合わせの待ち時間にビックカメラで買った高さ15cmくらいのオモチャ三脚を忍ばせて行ったのです。



使えますねトイ三脚。
しかしなあ、ミニ三脚とはいえ常時持ち歩いてはいられないだろうし、日常のスナップでまだ手ぶれ率が高いことを考えると、ここはやはり、何者にも頼らずオノレのボディーを三脚と化してブレない写真を撮る技術を会得する必要があるのではなかろうか。アタクシとて日本男児の端くれ、鍛錬すれば、わずかコンマ何秒かの間くらい、無念無想の境地で「オードリーの右側の奴」くらいの悠然たる無表情のまま微動だにせずシャッター切るくらいできるはずだ。やってみよう。オモチャ三脚外し、腹の前でカメラ構え、腹筋に力を込め、呼吸を止めて……



ワレなめとんのかい。
無理ですね。やっぱり三脚でも手すりでもベンチでも地面でも、使えるものは何でも使うほうがいい写真が撮れると思います、はい。
LC-1をつけてみる
夕方、池袋で打ち合わせ。少し早く着いたので、西口のビックカメラで時間つぶししてましたらGX200が既に店頭に。ん?すると例のレンズキャップもあるのではと思い店員さんに聞いてみる。ありました。速攻ゲットしました。



打ち合わせの後、事務所に戻り早速つけてみる。旧型機に付けれるってのはエラいですねー。



……うむむ。端正で雰囲気のあるGX100のたたずまいを、やはり若干微妙なものにしている気がしないでも……。田舎で変なリアウイング付けたベンツを見た時のようなこの感覚。
ま、気にしない気にしない。電源入れてみましょう。



何の脈略もなくなぜかガンダムの「ズゴック」を思い出す。

ま確かに便利にはなりますね。しかし欠点も発見。キャップの部品が本体下部から少しはみ出してるので、カメラを平らなところに置くと少し傾く。



わずかですけどね。でも僕の場合地面に置いて撮ったりした時に思わぬ傑作が生まれていたりもするので、この傾きはちょっと痛いかも。
それにですね、このキャップ、明るいほうに向けてかざして見ると……



3枚に分かれたフタの間に、思いっきり隙間あるんですけど。これホコリ入り放題じゃないでしょうか。大丈夫なのかな? そのうちこの隙間の形に合わせてレンズにホコリが付着したヒにゃ、全ての写真に「三ツ矢サイダー」みたいな影が写ることになりそうな懸念もなくはない。なんにせよせっかく買ったんだし、しばらく様子みてみましょう。