デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< November best nice on instagram | main | 本年もよろしくお願いいたします。 >>
スカイウォーカーの夜明け


中学の卒業文集の「将来の夢」に「ジェダイの騎士」と書いた筋金入りのリアル・ガチSTAR WARSフリークなアタクシ的には、あんまり軽々に時流に乗っかったコメントとかはしたくないし、新3部作から観てる人にSTAR WARSを説明するのもこちらの熱量が高すぎるが故になかなか難しいのですが、おとつい、Episode9観賞後の忘年会で「STAR WARSのオープニングの『ジャーン!」を聞く時の気持ちは『北の国から』のオープニングのさだまさしの『あ〜あ〜』を聞く時の気持ちに近い」という説明と「STAR WARSに日本語で副邦題をつけるとするなら『人騒がせな家系』でいいと思う」という説明で、思いのほか深くわかってもらえた感のある年の瀬です。

みなさま良いお年を。そしてフォースの共にあらんことを。