デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 竹の回廊 | main | 都心のキャンパー >>
打ち合わせ後
0401.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 on Panasonic LUMIX DMC-GX7MK2  2018 Tokyo

春ですね。うちは決算が9月末だしこれといってなにもないのですが、クライアント各社におかれましては異動その他いろいろあるようです。
お世話になってる代理店さんの関西支店勤務だった方が東京に転勤になったので、ちょっとした歓迎会を催そうと思って餃子屋さんに予約の電話かけたら「はい、清◯建設でございます」とアナウンサーみたいに綺麗な声の女性に丁寧な応答されて、しばし固まった後、かけ間違いを詫びて切った。間違えたコチラが100パー悪いのだけど餃子屋と清◯建設の代表番号が末尾一番違いとかやめてください(無茶を)。こっちは餃子屋のオヤジが出るものと思って姿勢崩してかけてたわけで、こう、「思ってたのと違いすぎた」時の、固まっちゃう感じってありますでしょ。A4だと思い込んで制作してたカタログが入稿間際にB4ですよと知らされた時くらい固まりました。キッチンスタジオで紙コップのコーヒー口に含んだらお醤油だった時くらい固まりました。「桐谷さんが云々---」というweb記事をクリックして、桐谷美玲とばかり思ってたら株主優待のほうのハゲの桐谷さんだった時くらい固まりました。もういいですか?

写真は先週末、大崎駅近くのビルで打ち合わせして出てきた後、駅への歩道から見下ろす桜が綺麗だったので一枚。
もっと引いた絵だったんですけど、トリミング。