デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Usual sky | main | 竹の回廊 >>
帰り道
0317_DSC0283.jpg
SONY DSC-RX1RM2 2018 tokyo

昨年、なにを血迷ったか買ってしまったRX1RM2。ここで機種の詳しい説明はしませんが、すごく簡単に言うと35mmフルサイズセンサーを積んだ、高性能ですがそのぶん高価なコンパクトカメラです。一昨年にそのスペックと価格が発表された時はどこのアホがこんなの買うんだよと思っていたのですが僕が買いました。薄々気づいてましたがやはりアホのようです。。

昨年10月の台湾は、これとGRの2台で行ってます。35mmと28mmという画角を、それぞれレンズフィックスのコンデジでまかなった、ということですね。スナップ撮りをしていて僕が一番好きな50mm画角が無いことになるのですが、そこはRX1RM2のエグい画質と画素数が、トリミングしちゃえばいいじゃん、と悪魔のようにささやくわけです。事実その使い方に耐えてくれてしまったのですが、うーんやはり50mmは50mmで撮りたい。というか、長く愛用しているマイクロフォーサーズ機とLeicaの換算50mmレンズの軽快さを再確認してしまったということでもあります。昨年5月のコペンハーゲンは、まさしく50mmをつけたGX8と28mmのGRで行って(まだRX1RM2購入前でしたのでね)快適でした。
と、なるとGX7mark2(50mm)、RX1RM2(35mm)、GR(28mm)、の「3台持ち」でのカメラ旅ならもう完璧な気もするけど、さすがに手荷物検査でカバン開けてカメラ3台も出て来たらこの日本人頭悪いのかなと思われそうで、アホ加減がインターナショナルなものになる懸念もないではない…。

…などとまたとりとめのない話を始めたのは、今年も5月が近づいてきて、撮影休暇どうしよっかなーどこ行こっかなーどのカメラ持ってこっかなーと考える楽しい時期だということなのでした。