デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Copenhagen寸景#01 Central station | main | Copenhagen寸景#03 Nyhavn 語らう >>
Copenhagen寸景#02 Nyhavn マジックアワー
0515cop.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 on Panasonic LUMIX DMC-GX8  2017 Copenhagen

運河沿いにカラフルな建物が立ち並ぶニューハウン。
かのアンデルセンも20年間ちかくここに住んでいたそうで(ウィキペディアで今調べましたぁ!)、今ではコペンハーゲンを象徴する最も賑やかなエリアになっています(例えるなら、さしずめ、小樽運河、的な感じですかね。小樽行ったらひとまずそこ行っとくみたいな。「るるぶ」の表紙になる場所、とでもいいますか)。

ニューハウンの近くに宿をとったこともあり、朝、昼、晩と、僕も色んな時間にこのあたりを歩きました。
二日目の晩はよく晴れて、運河も空も、まるごと綺麗なピンクに染まるような時間がしばらく続きました。
北欧の中では南側にあるデンマークは夏でも完全な白夜にはならないのだけど、それでも5月の段階で薄暮の時間帯はかなり長いのです。