デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Charity GALA | main | 薄青、薄桃。 >>
MORNING LIGHT
昨日はリコーイメージングスクエア新宿で吉村和敏さんの写真展「MORNING LIGHT」を拝見、ご本人によるギャラリートークも拝聴するという贅沢な日曜でした。

0327_7a.jpg
写真集も買い、2007年の「BLUE MOMENT」、2010年の「MAGIC HOUR」、今回の「MORNING LIGHT」と、吉村さんが10年の歳月と推定ですが延べ100回を優に超える世界各地への渡航を費やして完成させた「日の入り、日の出」のそれぞれごくわずかな時間帯(「君の名は。」式に言えば「片割れ時」ですかね)にしか出会えない美しすぎる彩りを写しとった3冊の写真集が揃いました。(製版・印刷もいいんだわこれがまた)

0327_7c.jpg

さしずめ「BLACK MOMENT」「DARK HOUR」「NO LIGHT」みたいな生活のアタクシにはいずれの作品も眩く、半目で半笑いしながらウットリと眺めています。

10年間にたった3回、写真展見に行っただけの僕に「ご無沙汰してます、いつもありがとうございます」と言って写真集にサインを入れてくれる氏の誠実さはどこから来るんでしょう?「1カット足りないから」と外国まで出かけ直す愚直さと無関係ではないでしょうね。インスタでいいねがいくつついたとかとは次元の違う本物を実感した日曜でもありました。

0327_7_b.jpg

写真集、シェアオフィスの本棚に置いておきますので、オフィスメイトのみなさんも来客の方もコーヒーでも飲みながら(こぼすなよ)眺めてください。