デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 代わるもの無く | main | Elements of light >>
春近く
20120326.jpg

スタジオにて撮影立ち会いディレクションの1日。
準備段階を上からカシャリ。
おお、俯瞰もいいねとか言い出してまたカメラマンを困らすアタクシです(もちろんちゃんと元々の自分のデザインの通りにやりましたよ笑)。

カット数が多かったわりに、今日はたいへんスムーズに進行しました。チーム内の意思疎通の円滑さ故、でしょうきっと。良いこっちゃ。先日作ったお花見特集号の反応も非常にいいそうで、これまた結構なことです。

今日の二人のカメラマンさんはどちらもキャノン・ユーザ。5D mark3が出た直後だったのでどっちか買うのかなと思って聞いてみたらどちらも予定なし。あるいはことによると、買うよと言った途端にじゃmark2譲って、とか言われるのを警戒してただけだったりして…。しかしせっかく身の回りにカメラマンが多いのだから、撮影のたびに、「ご不要にぃなりました〜、5D mark2、D3など、ございましたら〜」とハンドスピーカー持ってスタジオ内をウロウロしてみる価値はあるかもしれないな(人脈を何に使おうとしてるんでしょうねこのデザイナーは)。
COMMENT