デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ビックカメラでAirを… | main | TOKYO DESIGNERS WEEK 2010 >>
Losing Focus

DMC-GF1 / G 20mm F1.7 ASPH. 2010 Tokyo

GF1のオートフォーカスって動画撮影時には往々にして、行ったり来たりという感じに「迷う」なあと思っていたのですが、ふと、それを逆手に取ったら面白いムービーができるのではなかろうかと閃き、ちょっと試してみました。車内にカメラを、あえて合焦しづらい角度に(路面や防護壁等、カメラからの距離が一定になる対象物に向かないように)固定して、先日仕事の後に1時間ほど首都高を撮りっぱなしで走り、iMovieに取り込んでから、いい感じにフォーカスが迷ったり、迷った後にフッと合ったり、もう完全に合焦をあきらめたり(笑)してるところを抜き出して繋いでみたら、なんとも雰囲気のあるムービーに(メリハリ効かすためにちゃんとピント合ってる部分もちょいちょい混ぜましたが)。

フォーカスがふわんふわんとボケたり合ったりしてますが、僕は何もいじってません(って走行中にいじったら危ないし。ま、2度ほどカメラの向きだけグッと変わってますけど、そこはオビ・ワン・ケノービ直伝のフォースで汗)。どんなコトになってるかは見てのお楽しみ、という感じでした。(……カメラの身になって考えてみるとなんかイジワルな撮り方ですねこれって。「ククク、迷ってる迷ってる。うわー馬鹿なカメラ」とか言いながらピント合ってない箇所ばっかり選んでる姿は傍目には性格悪い奴に見えたりして^^;)

でもファームアップとかで、AFがやたら俊敏に改善されてしまったりしたら嫌だなむしろ。この「ウイ…ウィーン……ウィ?」という「ピント迷い感」がなんとも愛おしい僕としては、ファームアップがあってもパスしようと思ってます(笑)。

YouTubeのほうだとちょっとだけ大きめに観れます)
EGさま

ピントがジワジワさまよう中で、一瞬ピキーンと合ってくれるときっと格好よくなるのでしょうね。東京タワーもピン来るか?という寸前で結局滲んだまま過ぎ去りました(涙)。ま、これはあれですよ「製造工程で出た普通は捨てる部分」で作ってみました、みたいな感じです。
ボーカルはNina Vidal。最近のお気に入りです。
ヒザワマサノブ | 2010/10/28 15:22
子鬼さま

この時も自分なりに結構頑張って飛ばしてたつもりだったんだけど笑
すごいスローな感じに写ってるよね(^_^;
ヒザワマサノブ | 2010/10/28 15:07
これは面白いですね。ちょっと滲み(アウトフォーカス)の絵が多いかなとも思いますが、これをカメラが勝手にやってくれるのなら、OKでしょう。ところでBGMの「Driving」はEverything but the girlの有名な曲ですが、これはどなたのヴァージョンでしょうか?
EG | 2010/10/28 10:43
次は全開走行でお願いします。
子鬼 | 2010/10/28 10:11
COMMENT