デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 誰かが買う | main | “だから広角が必要なのです” >>
ハゲタカ



(なにをしとん)


『見に行きますよ、焼け野原を。資本主義のね……』

「ハゲタカ」、先日観てきました。
NHKの連続ドラマのほうはオンタイムでは観てなくて、評判を聞いて昨年連続で再放送した時に録画してイッキに観て結構ハマったもので。

TVの時は、表向きは情け容赦無くクールだった鷲津さん(だからこそ過去に負った痛手がより鮮明になるわけですが)が若干おとなしくなってしまった感じでしたかね。ま、今回クールな役は劉さんに譲ったってことですが。でもその劉さんの生い立ちも実はこれまた……ネタバレになるから自粛。ラスト近くの劉さんの「留守電メッセージ」はなんとも切なかった。
細かいツッ込みを入れはじめるとキリはないですが、ドラマ同様、よく出来た映画だったと思います。
と言いつつTVも映画も観てなく「ハゲタカ」って何、という方には、TV版をDVDで観るほうをおすすめするかな。

鷲津役の大森南朋サンいいですね。
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK