デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< メイキング & Tips「ショッピングモール、秋」 | main | タッチ&ドライブ? >>
長野へ。


長野の伊那市へ日帰り出張。今年から新規にパッケージデザインでお手伝いさせていただくことになった電子機器メーカーさんの長野工場へ、ご担当者さんへのご挨拶と打ち合わせでした。
ひさびさにアルファ君でロングドライブを…とも考えたんだけど、戻ってからも仕事あるしなー、そうなると雨の中片道4時間の運転はしんどそうだしなー、とドライブ欲より怠惰が勝り、調べてみたら伊那へは高速バスが充実していて、バスだと電車よりも、高速料金払ってクルマで行くよりも全然安いことが判ったので高速バスにしてみました。
長距離バスなんて何年ぶりだろう。朝、新宿西口のバスターミナルで朝食代わりのカロリーメイトと缶コーヒを買い込んでから乗り込む。はい先生、ちゃんと300円以内です(遠足か)。ちょっと楽しい。
しばらくご無沙汰してたらバスって進化してたのねー。座席は広いし思いのほか快適。
でもお客さんガラガラ。一応全席座席指定ということらしいんだけど、乗り込む時に運ちゃんが「好きなとこ座っちゃってください」とみんなに言ってる。
ざっと数えたところ、行きの便が乗客9名。帰途が7名。これで一人¥3,640じゃ採算とれないでしょう。大丈夫なんだろうか。
ま、客の立場から言う限り、安くて快適なのは結構なこっちゃ。ということで仕事とは言えプチ・リフレッシュできました。
ひとつ不思議だったのは、高速道路上のバス停ってありますでしょ、今日も一人途中から乗って来た人いたんですけど、三鷹や八王子くらいならともかく、山深くなってからの、周辺に民家もなにもありゃせんような突拍子もないロケーションで「となりのトトロ」以外は似合わないというバス停だったんですよ。普通にスーツ着た女性だったけどあの人はどっから現れるわけ? 森の主? あるいはあれは成長したサツキちゃんで、となりには傘さしたトトロがいたんだろうか?
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK