デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< モック撮って、肉喰って。 | main | 学校祭を覗く >>
諸先輩の作例
先日コンビニで何気なく手にしたFMラジオ局のフリーペーパーのデザインが素晴らしく、こりゃアートディレクターはタダモノじゃないなと奥付けのお名前をネットで調べてみたらやはりタダモノではない方で、返す刀でAmazonで検索したらその方の作例が紹介されているという本に行き当たりました。
「本と雑誌のデザインがわかる本」……タイトルはなんだかえらくベタですね。今更そんな入門書みたいなタイトルの本買ったりしてたら、僕に仕事を出してるお客さんが、コイツに仕事頼んで大丈夫なんだろかと不安に思ったりせんでしょうか(そこは、えー、あくなき向学心と果てしのない謙虚さ、ということでひとつよろしく)。
ま、作例とインタビューが豊富、という謳い文句だし、自分が、ああいいな、と思う仕事をなさってる方の言葉が読めるならきっとためになるはずだ。ということで速攻でポチっといきまして、今日の夕方届きました。



謳い文句にたがわず、最初に調べた方を始めエディトリアルで活躍しているAD8名の作例とインタビューが満載。デザイン作業のコンピュータ化で仕事のフローがいちばん大きく変わったのがこの分野だと思いますが、本の中に「級数表」という言葉が複数回出てきて、にやり。



今では僕の場合も仕事はアウトプット段階ではほぼ100%、データ化されてますが、まだよく使いますもんねゼミの頃から使ってる級数表。たぶんラストジェネレーションではなかろうか、僕らが。

話し戻してこの本、作例はもちろんインタビューが面白いなあ。わかるわかると思わず深くうなずいてしまったり、こんな大先輩でもやはり日々悩んでらっしゃるのねと驚いたり。

「ただ、僕が良く言うのは『寂しくなったからって入れるな、削れ削れ』ってことです。隙間が少ない雑誌に慣れてしまうと、編集もホワイトスペースは不安になるのかモノを詰めたがります」
───久住欣也氏

「最終的なデザインについても、簡単にやっているようでいて地獄のような苦しみです。『あと1mm左に』というレベルの問題から、理屈やコンセプトばかりが先行して最初のひらめきを忘れてしまったり」
───岡本一宣氏

「モニターの上に材料をポンポンと置いて見通しのつかないまま何となく始めるようなデザインのやり方には違和感を感じる。手書きの時代は見通しがないと線を引き始められなかった。」
───荒金大典氏

「スタンスはそれぞれでいい。デザイナーは現場の多様性をも包括できるロジックを持つべき」
───福田政典氏


まだパラパラっと頁をめくっただけだけど、名言がいっぱい。綺麗に仕上がってるエディトリアルでも、制作過程は皆さんやっぱり大変なんですなあ当たり前だけど。
僕も頑張らねば。ナイスな作例が多いので、遠慮なく参考にさせていただきます。日々勉強ってことですね、要するに結局のところは。
博士と助手さま>

>クライアントが○○な場合は

いやもうワタシも本当はそこ書きたかったんですが(泣笑)、積もった想いがはじけると途方もない長文になりそうだったので自粛です。「あと1mm」の世界で仕上げても、「この写真小さくしてさ、空いた所にこの文字びゅーっと伸ばしてさあ」とかいとも簡単に言わ……自粛といいながらつい(汗)。

えー、この物語はフィクションです。実在の人物・団体とは関係ありません。

パンフレットは明日発送できる見込みです。
ヒザワマサノブ | 2009/01/23 04:15
桧沢先生お世話になってます!

デザイナー諸氏のインタビューコメント、、、うーむ、すごいですね。
私のやってる化粧品の処方設計にもあてはまることが多くて思わずドキッとしてしまいましたw
分野は違えどモノつくりですから、いいモノつくろうとしたら余計な迷いは捨て去らなきゃいけないんでしょうね。煩悩との壮絶な戦いですな。
しかしたとえ煩悩に打ち勝って悟りの境地の作品を提示できたとしても、
クライアントが○○な場合はもう、、、台無しですわw

ではでは、例のブツ到着を楽しみに待ってます!
博士と助手 | 2009/01/23 02:37
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK