デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ムーミン、かく語りき。 | main | 和紙とiPhone >>
沿線の傾向
営業マンほどじゃないにしても、僕らの仕事もクライアントさんとの打ち合わせその他で結構ちょこまかと外出があります。前にも書きましたが仕事での移動に自分のクルマを使うことはあんまりないですね。渋滞ってやつがあるので所要時間が読めなくなりますんで(ま、それ以前に出勤自体が電車ですし。うー、駐車場に置きっぱなしのクルマ、そのうち野生のリスとかアライグマとかが住み着いてたらどーしよう。「宮崎アニメにでてくる廃墟」みたくコケに覆われたような絵柄がたまにリアルに思い描かれるんだよねー、半月くらい愛車ほったらかしにしてると……)。
ということで電車・地下鉄・バスと色んな交通機関に乗るんですが、東京の車内広告って沿線ごとに特徴があって面白いですね。私鉄ですと系列のデパートの広告だったり沿線の先のほうの分譲住宅とか療養施設とかだったりが多いんだけど、たとえば西武線と東急線だとまた微妙にデザイン・テイストが違ったり(あえてどっちがどうだとは書きませんけど)とか。地下鉄でも渋谷と浅草を結ぶ銀座線だと、フレンチレストランのオープン告知と仏壇屋のポスターが並んでたりして。
都営浅草線という地下鉄にもたまに乗るんですがあの路線の車内広告も実に不思議な世界です。
「腰痛・関節痛、ご相談ください」という診療所のポスターと「債務整理・自己破産、お手伝いします!」という法律事務所のポスターがやたら多い。



とくに債務整理はやたら多い。キャッチコピーも落涙モンで、「取り戻しましょう、あの日の輝きを」とか、筆文字で「あなたならきっとやり直せる!」とか、励ましてんだか痛めつけてんだか判らないのが多い。ひとつの法律事務所がたくさん広告出してるってんならまだ判るんですが、色んな事務所が争うようにポスター出してるのね。同じ車両の中に「債務整理」のポスターがいっぱいあるもんだから、見ているうちに身に覚えがないのに目的の駅に着く頃にはすっかり気持ちが暗くなってしまうという。
なんなんですかねあれは? とくに浅草線沿線に「関節痛を抱えた多重債務者」が集中しているとも思えないんですが。でももしそうだとするなら、医師免許と弁護士資格を両方取得してこの沿線で開業すれば無敵ですね。「関節痛と債務整理、一挙に解決!」……なんか嫌だなそれも。
takaさん
カメラマンさんはこぞって導入してますねー。RAWデータの扱いとかがだいぶ違うみたいで。
ゴルフは、7月末にコンペの予定。見込みとしては僕も70台が出せればと。いえ、ハーフで。
78-78→156……。
ヒザワマサノブ | 2007/06/30 14:40
お忙しそうで何より。

こちらも、インテルマック+CS3を検討中!やっぱりイイみたい?

ゴルフ、初夏の陣。5年ぶりに70台が出ましたぜ!40-38→78
なかなかいけませんか?

久々にご一緒したいものです。
taka | 2007/06/30 08:09
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK