デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 21_21 DESIGN SIGHTとFrancfranc | main | プロ御用達 >>
NV-U2その後


カーナビ「NV-U2」を付けてふた月ほど。賢いんだかアホなんだかわからない奴ですね。先日自宅からオフィスまで、ま、ナビ使うまでもない道順なんですが参考までにNV-U2君はどんな道で行くのだろうかと試しにナビの言うままに走ってみたんですが、外苑西通りからありえないほど細い小道に入るように指示するんで、ほんまかいなと曲がってみましたら案の定すぐ行き止まり。にっちもさっちもいかなくなったんですが「この先、150メートル、右方向です」とか悪びれることもなく言う。いやこの状況を見なさい150メートルどころか1.5メートルも進めませんから。そうかと思うといつも大通りだけを通って行っていたゴルフ打ちっぱなし練習場からの帰りには幾つかの小道を巧みに組み合わせた見事なナビを見せてくれるし。「この先、事故多発地点です」とNV-U2が言った直後に本当にそこでバイクと軽トラックが事故を起こしていたことがあって、うわーこいつの言うこと信じようと誓った直後、またしてもマニアックな小道にいざなってくれて二度と信じるかいと叫んだりもしました。
ま、少なくとも最終的に目的地まで案内してくれる事は確かなので(あたりまえです)、これしか使ったことがないので他機種との比較はできないんですが充分使えますね。
あとこれはNV-U2の責任じゃないんだけど、NV-U2の音声が、ETCの機械の声とそっくりなんですよ(たいていこのテの声って似てるんでしょうけどね)。高速の料金所を通過した時などは「通過しました、料金は680円…」「この先、左からの合流が…」と「同じ声」が同時にしゃべるもので、なんてなんて?と思わず聞き返す羽目になるという。今度いつか同じ声色の女性を乗せてドライブしてみたいです。三人いっぺんに同じ声で話しかけられたヒにゃ、クルマは激しく蛇行した挙げ句ガードレールに突っ込むような予感。
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK