デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Copenhagen寸景#10 見下ろす赤屋根
0727.jpg
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. on Panasonic LUMIX DMC-GX8  2017 Copenhagen

こちらふたたびラウンドタワー。
超高層の展望室から見下ろす街もいいけれど、このくらいの、屋根の質感が届くくらいの素朴な高さ(?)から見る景色も、また趣深く。
Copenhagen寸景#09 Central stationふたたび
0704a2.jpg

飽きないですね、駅は^^
続きを読む >>
Malmo寸景 29years
5月7日の日曜は、コペンハーゲンからスウェーデンのマルメまでショートトリップ。
Form Design Centerという小さなギャラリーを見てきました。

0702a.jpg
続きを読む >>
Copenhagen寸景#08 Corridor
0624.jpg
RICOH GR II  2017 Copenhagen

中央駅、チボリ公園側にひらけた回廊。
Copenhagen寸景#07 覗き見る
0619.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 on Panasonic LUMIX DMC-GX8  2017 Copenhagen

ラウンドタワー最上部。でもたいした高さじゃないです笑
元は、17世紀に天文台として作られた建物だそうです。
Copenhagen寸景#06 窓枠越しの塔
0616.jpg
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. on Panasonic LUMIX DMC-GX8  2017 Copenhagen

市中心部のラウンドタワー、中途の窓から南側を望む。
ニコライ・アートセンターとクリスチャンスボー城のタワーが(ちがったらごめん)見える。

Copenhagen寸景#05 Nyhavn 赤く染める
0529a.jpg
0529b.jpg
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. on Panasonic LUMIX DMC-GX8  2017 Copenhagen

おまえNyhavnしか行っとらんのかいというツッコミがぼちぼち来そう。Nyhavnここまでにしますね。
昼間は、白いパラソル、白いチェアが並んでいかにも行楽地という雰囲気のニューハウンのレストラン・カフェのオープン席ですが、夜になるとどういうわけかどこも赤い照明を灯すんですね。それも割とキツめの赤というか、牛の群れでも通りかかろうものなら大惨事になりそうな赤、です。食事してても食材の色とかもうわからないんじゃないでしょうかね。

それでも、青→ピンク→薄紫→紺、と変遷してゆく北欧の空には奇妙なほどにマッチしているんです。
Copenhagen寸景#04 Nyhavn アナザースカイ
0524.jpg
RICOH GR II  2017 Copenhagen

別の日の空。

晴れてる日と曇りの日、とりわけ北欧では、この時間帯の光の色が全然違う。
Copenhagen寸景#03 Nyhavn 語らう
0520cop.jpg
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. on Panasonic LUMIX DMC-GX8  2017 Copenhagen

足元にラジカセ置いて、飽くことなく語らう、おそらくは地元の若人たち。
Copenhagen寸景#02 Nyhavn マジックアワー
0515cop.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 on Panasonic LUMIX DMC-GX8  2017 Copenhagen

運河沿いにカラフルな建物が立ち並ぶニューハウン。
かのアンデルセンも20年間ちかくここに住んでいたそうで(ウィキペディアで今調べましたぁ!)、今ではコペンハーゲンを象徴する最も賑やかなエリアになっています(例えるなら、さしずめ、小樽運河、的な感じですかね。小樽行ったらひとまずそこ行っとくみたいな。「るるぶ」の表紙になる場所、とでもいいますか)。

ニューハウンの近くに宿をとったこともあり、朝、昼、晩と、僕も色んな時間にこのあたりを歩きました。
二日目の晩はよく晴れて、運河も空も、まるごと綺麗なピンクに染まるような時間がしばらく続きました。
北欧の中では南側にあるデンマークは夏でも完全な白夜にはならないのだけど、それでも5月の段階で薄暮の時間帯はかなり長いのです。