デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
そうか、年の瀬か。
この季節がきました。

20121114a.jpg

先週末はクリスマスで、
続きを読む >>
絵面がすっかり秋。
20120814fc.jpg

「思った通りの仕上がり」を得る、というのが、撮影ディレクションにおいてデザイナーの本来あるべき形なのだと思う。思うのだけど、毎度「思った以上の仕上がり」を得て、現場でキャッキャ言って喜んでる自分(笑)。要するに僕は未熟だ、ということです。けどそれはそれで、この上なく嬉しいことなんです^^


昨日の現場にて。絵面がすっかり秋ですね。
テンション及び血糖値を
20120617a.jpg

一応仕事もやってますよ的な(笑)
(どっちにしても撮影がらみなんでグラフィックデザイナーっぽい投稿じゃないですけど)

20120617b.jpg

金曜の撮影立ち会い。なんだか「夏」って感じでしょ。
カメラ3チーム、デザイナーの僕、プロデューサーさん、スタイリストさん含めスタッフ総勢11名の楽しい現場でした。

20120617c.jpg

現場のテンションと血糖値を上げるのに、これだけは欠かせない…。
春近く
20120326.jpg

スタジオにて撮影立ち会いディレクションの1日。
準備段階を上からカシャリ。
おお、俯瞰もいいねとか言い出してまたカメラマンを困らすアタクシです(もちろんちゃんと元々の自分のデザインの通りにやりましたよ笑)。

カット数が多かったわりに、今日はたいへんスムーズに進行しました。チーム内の意思疎通の円滑さ故、でしょうきっと。良いこっちゃ。先日作ったお花見特集号の反応も非常にいいそうで、これまた結構なことです。

今日の二人のカメラマンさんはどちらもキャノン・ユーザ。5D mark3が出た直後だったのでどっちか買うのかなと思って聞いてみたらどちらも予定なし。あるいはことによると、買うよと言った途端にじゃmark2譲って、とか言われるのを警戒してただけだったりして…。しかしせっかく身の回りにカメラマンが多いのだから、撮影のたびに、「ご不要にぃなりました〜、5D mark2、D3など、ございましたら〜」とハンドスピーカー持ってスタジオ内をウロウロしてみる価値はあるかもしれないな(人脈を何に使おうとしてるんでしょうねこのデザイナーは)。
ひと足お先に…
昨日、お花見してきました。

20120219a.jpg

スタジオで^^

20120219b.jpg

明るく、幸せな食のシーンをディレクションしてきました。
来月には、日本中で楽しげなお花見が実現しますように。
甘い日
20111205a.jpg

ミスドでみんなの分、ドーナツ買って…

20111205b.jpg

月曜はスイーツの撮影立ち会いディレクション。

セットの、奥のほうの造作はほとんどトリミングには入ってこない部分。ですが、ケーキスタンドの天面の写り込みとか、天板への反射とかそのあたりのビミョーなところに奏効するんです。スタジオ撮影においては写真に写らない「外側」をどれだけ意識するかでフレーム内の生命力が決まってくる。……などと、まるで自分で撮ったかのようなこの口ぶり。カメラマンが凄い。それだけでございます。

朝にドーナツ食べて、撮影後はいただいた撮影品のケーキを皆で食べて、かなりスイートな状態で事務所に戻り、さすがになにかしょっぱいもの欲しいなと思ったところで、昨日まで沖縄に行ってたというカメラマンさんからなにか袋入りのスナック状のお土産をいただいてた事を思い出した。よし、きっとしょっぱいものに違いない。

20111205c.jpg

かりんとうでした。

でもすごく美味しくてボリボリ半分くらい食べてしまった。
明朝目覚めたら、口のまわりにアリとかいるんじゃないかと心配です。
鬼、笑う
20111120a.jpg

今年も、この季節。
続きを読む >>
本日の…
暑さもピークとのことですが、本日のスタジオは、早、秋の気配。

20110818a.jpg

本日の秋色満開。

20110818b.jpg

本日の「このデザイナー、とうとうスタジオに芝生敷かせた!」

20110818c.jpg

本日の「秋刀魚もアップで観ると意外と怖い顔してるんですねー」
湾岸エリアスタジオで
食べ物関係のお仕事が続く。今日は食品メーカーさんのカタログ撮影に立ち会いです。

20110715b.jpg

20110715c.jpg

美味しそうに撮ってもらえました。
商品撮影の目的は、何のジャンルであれ、究極的には商品の魅力を引き出してそれを伝えることに尽きるのですが、食品の時はそれが「美味しそう!」という感嘆で共有できるのがいいですね。クライアントさん含めて皆で作り上げていけてるという実感があります。

何のジャンルであれ、そういった感嘆は現場においては大切で(無闇に驚くという意味じゃなく、それには目的を明確にしておく必要があるわけですが)、ファッションの撮影の時だと、その感嘆は「カッコいい!」とか「綺麗! このコート欲しい!」とかになるわけです。かつて「業務用旋盤」のカタログ撮影に立ち会った時は、どう感嘆すればいいのかわからなくて、ポラを見て「…すごく削れそうですね!」と言ったら意味がよくわからないという顔をされましたが。

20110715a.jpg

湾岸エリアのお洒落スタジオ。
マイナスイオン出まくりな感じで、仕事中は遮光カーテンを閉めてしまうのが勿体ない…。

と、言っていたらカメラマンから現像済みデータがオンラインストレージで届いたようです。あとはお任せを。ばっちりデザインいたします〜。
本日の…
撮影立ち会いディレクション。

20110712a.jpg
本日の高級品。

20110712b.jpg

本日の沖縄っぽい感じ。

20110712c.jpg

本日の「撮影後にスタッフで美味しくいただきました」