デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Stockholm寸景#04 Show me...
0529r.jpg
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 on Panasonic LUMIX DMC-GX7MK2  2018 Sweden
Stockholm寸景#03 Narrow sky
0525r.jpg
SONY DSC-RX1RM2 2018 Sweden

被写体としての細路地が大好きな僕ですが、その意味ではここ、ストックホルム旧市街のモーテン トローツィグ グレン通りは極め付き。
Stockholm寸景#02 Daylight
0518r.jpg
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. on Panasonic LUMIX DMC-GX7MK2  2018 Sweden

鮭フレークがあればご飯何杯でも食べられるように、カメラ持ってストックホルムの旧市街をうろついていれば写真何枚でも撮れます(例え下手だなおい)。
Stockholm寸景#01 Gamla stanの細道
0513r2.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.8 on Panasonic LUMIX DMC-GX7MK2  2018 Sweden

ガムラスタン(旧市街)の東端に、海側に向かって何本も並列する細道。海の向こうにはカステルホルメン島の船着場が見えます。変わることなく飽くこともない景色。
都心のキャンパー
今年のGWのカメラ旅は、12年ぶり3度目のストックホルムへ。
写真はまたおいおいこのブログやインスタのほうにアップしていきますが、今日はお宿の話。

0508b.jpg
続きを読む >>
打ち合わせ後
0401.jpg
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 on Panasonic LUMIX DMC-GX7MK2  2018 Tokyo

春ですね。うちは決算が9月末だしこれといってなにもないのですが、クライアント各社におかれましては異動その他いろいろあるようです。
お世話になってる代理店さんの関西支店勤務だった方が東京に転勤になったので、ちょっとした歓迎会を催そうと思って餃子屋さんに予約の電話かけたら「はい、清◯建設でございます」とアナウンサーみたいに綺麗な声の女性に丁寧な応答されて、しばし固まった後、かけ間違いを詫びて切った。間違えたコチラが100パー悪いのだけど餃子屋と清◯建設の代表番号が末尾一番違いとかやめてください(無茶を)。こっちは餃子屋のオヤジが出るものと思って姿勢崩してかけてたわけで、こう、「思ってたのと違いすぎた」時の、固まっちゃう感じってありますでしょ。A4だと思い込んで制作してたカタログが入稿間際にB4ですよと知らされた時くらい固まりました。キッチンスタジオで紙コップのコーヒー口に含んだらお醤油だった時くらい固まりました。「桐谷さんが云々---」というweb記事をクリックして、桐谷美玲とばかり思ってたら株主優待のほうのハゲの桐谷さんだった時くらい固まりました。もういいですか?

写真は先週末、大崎駅近くのビルで打ち合わせして出てきた後、駅への歩道から見下ろす桜が綺麗だったので一枚。
もっと引いた絵だったんですけど、トリミング。
竹の回廊
0323n2.jpg
SONY DSC-RX1RM2 2018 tokyo

オフィス近くの根津美術館。建物前の歩道と平行する竹の回廊は素通りができて、一年中変わらぬ静謐に包まれています。
写真は金曜日、オフィス界隈で唯一のお弁当屋さんにノリ唐弁当を買いに行く途中で。
帰り道
0317_DSC0283.jpg
SONY DSC-RX1RM2 2018 tokyo

昨年、なにを血迷ったか買ってしまったRX1RM2。ここで機種の詳しい説明はしませんが、すごく簡単に言うと35mmフルサイズセンサーを積んだ、高性能ですがそのぶん高価なコンパクトカメラです。一昨年にそのスペックと価格が発表された時はどこのアホがこんなの買うんだよと思っていたのですが僕が買いました。薄々気づいてましたがやはりアホのようです。。

昨年10月の台湾は、これとGRの2台で行ってます。35mmと28mmという画角を、それぞれレンズフィックスのコンデジでまかなった、ということですね。スナップ撮りをしていて僕が一番好きな50mm画角が無いことになるのですが、そこはRX1RM2のエグい画質と画素数が、トリミングしちゃえばいいじゃん、と悪魔のようにささやくわけです。事実その使い方に耐えてくれてしまったのですが、うーんやはり50mmは50mmで撮りたい。というか、長く愛用しているマイクロフォーサーズ機とLeicaの換算50mmレンズの軽快さを再確認してしまったということでもあります。昨年5月のコペンハーゲンは、まさしく50mmをつけたGX8と28mmのGRで行って(まだRX1RM2購入前でしたのでね)快適でした。
と、なるとGX7mark2(50mm)、RX1RM2(35mm)、GR(28mm)、の「3台持ち」でのカメラ旅ならもう完璧な気もするけど、さすがに手荷物検査でカバン開けてカメラ3台も出て来たらこの日本人頭悪いのかなと思われそうで、アホ加減がインターナショナルなものになる懸念もないではない…。

…などとまたとりとめのない話を始めたのは、今年も5月が近づいてきて、撮影休暇どうしよっかなーどこ行こっかなーどのカメラ持ってこっかなーと考える楽しい時期だということなのでした。
Usual sky
3011_1000710r2.jpg

陸前高田、おととしの夏の一枚です。
18周年多謝
0306_18th_1000194blog.jpg

3月6日でニールマーチンデザインオフィスは設立18年になりました。
人間だともう選挙権も与えられる年齢だしちゃんとしなくちゃならんのですが、恵比寿ガーデンプレイスのガーデンがゲーデンになってますよと代理店さんから修正メールいただくところから始まる相変わらずの今日です。

いつもありがとうございます。役員一同気持ちも新たに精進します。

2018年3月6日

有限会社ニールマーチンデザインオフィス
代表取締役 桧沢方伸
専務取締役 アナキン・スカイウォーカー
常務取締役 カイロ・レン
取締役執行役員 ムーミン・トロール

「18」のバルーンは合成ね。