デザインの現場から。と言いつつほぼデジカメの噺。
by MASANOBU HIZAWA(NEEL MARTIN DESIGN OFFICE)
http://www.neelmartin.com/
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
新型
CP+が中止になってしまいましたね。

http://www.cpplus.jp/

今年も、少しですがお仕事で絡ませていただいたところもありましたし、何よりカメラ好きとしては毎年客としても見に行っていた展示会なので残念。

入稿済みの関連媒体のデータ修正対応に追われる一日でした。僕の影響など軽微なものですが、一年前からずっと携わっていた人たちは(間近にいました)大変だろうなと思います。新型コロナウイルスについてはそれなりに注視していたつもりではあったのですが、思わぬ形で影響を実感させられてしまい、僕はもうデータ修正の前に思わず手を洗ってうがいしてしまいました。
「思わぬ形で」とは言いましたが、考えてみれば当然の措置ですよね、残念だけど致し方ないですね。


(「新型コロナ」と略されると、こっちを想起するのは僕だけではないと思うぞ。。)
本年もよろしくお願いいたします。


今年も元旦フライトで1日だけ帰省してきました。
空気の澄んだこの時期、離陸直後の機窓から富士山が綺麗に見えるので、毎年、往路の飛行機は左列の窓側を予約するようにしています。

2020年、あけましておめでとうございます。

3月にはニールマーチンデザインオフィスも設立20年を迎えます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆さまにとって素晴らしい一年でありますように。

桧沢方伸
スカイウォーカーの夜明け


中学の卒業文集の「将来の夢」に「ジェダイの騎士」と書いた筋金入りのリアル・ガチSTAR WARSフリークなアタクシ的には、あんまり軽々に時流に乗っかったコメントとかはしたくないし、新3部作から観てる人にSTAR WARSを説明するのもこちらの熱量が高すぎるが故になかなか難しいのですが、おとつい、Episode9観賞後の忘年会で「STAR WARSのオープニングの『ジャーン!」を聞く時の気持ちは『北の国から』のオープニングのさだまさしの『あ〜あ〜』を聞く時の気持ちに近い」という説明と「STAR WARSに日本語で副邦題をつけるとするなら『人騒がせな家系』でいいと思う」という説明で、思いのほか深くわかってもらえた感のある年の瀬です。

みなさま良いお年を。そしてフォースの共にあらんことを。
November best nice on instagram
1203.jpg
Seattle 2015
インプットの日。
000_6912.jpg

以前にも書いたと思いますが、「もののけ姫」は一度見ただけだけど「もののけ姫はこうして生まれた」という密着ドキュメンタリーは3回見るなど「メイキングもの」が大好物。
映画のコンセプトスケッチ展やアニメの原画展なんかもよく見に出かけます。

ということで六本木21_21 DESIGN SIGHTで始まった「マル秘展 めったに見られないデザイナー達の原画」、こんなのもう面白いに決まってる。昨日行ってきました。
続きを読む >>
October best nice on instagram
1101.jpg
Copenhagen 2017

一昨年のコペンハーゲン空港。カメラしまっちゃった後なのでiPhoneで撮ったやつですねこれ。
Fragments
皆さんご存知のようにわたくし長らくPanasonic LUMIXのカメラとレンズを愛用しているもので(知りませんて誰も)、先日LUMIX GINZA TOKYOで催された 「写真展「Fragments」 〜LUMIX GXシリーズの世界〜連動企画 ハービー山口さん、コムロミホさん、大門美奈さんによるスナップトークショー」は是非拝見したくて、W杯も日本シリーズも月曜提出の仕事も放置して出かけてきました。(20名の枠に3000の応募があったらしく、当選ラッキーでした)

1022a.jpg
続きを読む >>
September best nice on instagram
1001_ba_R1024455re-ins.jpg
Barcelona 2013
2時間 or 2秒
0929.jpg
LX100

広告の仕事では、1枚の写真を仕上げるために何時間も、場合によっては何日もテマもヒマもかけるわけです。先週も、クライアントさんにカメラマンさんとお邪魔して、その場でデジカメとiPadで色々シミュレーションしつつ来月の撮影について2時間ほど打ち合わせをしてきました。

で、そのあと都庁に行って運転免許の更新をしてきたんですね。

免許更新の時の顔写真にまつわる話は世の中で昔からさんざん出尽くしていると思うので深堀りしませんけど、にしても凄かったなあ。「ハイ撮りまーす」もなにも言わないの。腰掛けて、姿勢正そうかなくらいのタイミングで「終わりました」だって。背筋も伸ばす前、撮られる自覚の芽生える前の表情の写真のついたヤバイ免許証で令和6年までいかねばならんです。
そりゃ免許の写真に2時間かけられたらこっちもイヤですけど、せめてどうですかね、プリクラ的に2〜3カット取って、タッチパネルに表示されたサムネでお好みのを選べるとかでもいいんでないかなとか思いません?

嗚呼これでパスポートも免許も変顔になって公式身分証の自分ワヤやがなと、エレベーターで32階に上がり職員食堂で秋刀魚定食食べつつ悲嘆にくれる初秋の午後でした。
August best nice on instagram
0902_A060615re-ins.jpg
Kyoto 2013

過去の写真を見返していて、オリンパスPENの(厳密には僕のはE-PL5という機種になります)描写を好ましく感じることが多いです。
手ぶれ補正やAFなど機能面では現行機種に一歩譲るわけですが、どちらかというとウエットな階調や色合いは、jpegそのままでいいやと判断させる率も高く。
まだ手放してはいないので、たまにはまたパナライカの25mmつけてどこかへ持ち出してみようかな。

そうそうPanasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm、今度II型が出るようなんだけど…デザインそのまんまなのねー。15mmのやつみたいにも少しシュッとしてくれたら買い替えるんだけどなあ。